買い物依存症。でもミニマリストになりたい。

買い物依存、ミニマリスト、相反する要素を包括、葛藤を綴るブログです。 買いたい。 でも貯金したい。 持ちたい。 でも増やしたくない。 そして、雨後の竹の子のように数多存在するミニマリスト本、お片づけ本、捨て本、シンプル本、そんな本を読んだ場合の感想など。 その他もろもろ。 どうなっていくかわからないブログですが、よろしくお願いいたします。

イッツデモはセールになるのが早すぎる。セールの服の山がツラい。

先日の

ウインドウショッピングで

思ったのは

今の世の中、

年がら年中、

セールをやっている

ということです。

 

もちろん、

7月下旬、1月上旬が

2大セールであることに

変わりはないのですが

 

プレセールであったり、

中途半端な季節のものを

15パーセントとか

大してお得感を

感じないような

微妙な値下げ価格で

置いてあるのを

通年見かけるように

なりました。

 

それらは大抵、

あまり目立たないような

ディスプレイの一角で

「mark down」とか

「happy price」とか

「seasonal」とか(笑)

 

セールと言うと

聞こえが悪いのか

あの手この手で

横文字を駆使して

何とか旬のものとして

買ってもらいたいという

ブランドの苦労が見えるようです。

 

そして、昔に比べ

セール対象となるタイミングが

とても早くなった

気がします。

 

特に、イッツデモは

セールになるのが早いです。

 

2月にイヤリングを見たとき

新作としてディスプレイされていた

水色の小花柄のワンピースが、

こないだみたら

3990円➡︎2990円

となっていました。

 

以前なら春物は

夏のセール時に、

7月直前に販売された服が

30%オフなら

さらに安い、

50%オフくらいで

一緒に出ていたと

思うのですが、

 

今はこうやって

夏のセールは待たずに

ちょこちょこ値下げして

どんどん回転を

良くしているようです。

 

要するに

ちょっといいなあ

と思っても

1〜2ヶ月ほど待てば

セールになるので

今買うぞ!

という気にならないのです。

 

安く手に入れたいから待つ、

という気持ちよりも、

これもいずれ

安くなるようなモノ、

あっという間に

「旬が過ぎた認定」

される服なんだよなあ、

というなんとも言えない

複雑な気分になってしまって。

 

まだ季節のど真ん中で

今季の新作が

セールというラックに

かかっている様子が

他人事ながら

とても寂しい気持ちになります。

 

この服たちは

何も悪くなく、

なのに、

1〜2ヶ月経てば

もう古い、

次の新作が控えているからと、

早く出て行って、

と言わんばかりに

セール対象に

なってしまう感じが

とても可哀想になります。

 

前もブログに書きましたが

服でも何でも

余ること、

セールにすることが

前提の大量生産って

見ているだけで

不安になります。

 

ちょっと足りない、

くらいでいいので

適正価格で服を

売って欲しいし、

同じように

適正価格で服を買い、

正常な消費生活を

私は心掛けたいです。

 

マリークワントは永遠。

久しぶりに、

本当に久しぶりに

昨日は

ウインドウショッピングをしました。

 

買い物依存が強かった頃

週に2〜3回は

ルミネエスト、

ルミネ新宿を

徘徊していましたが、

当面服を買わない予定なので

行っても欲しくなるだけ、

と、しばらく遠のいていました。

 

今はダイエット気分の方が

強いため、

買い物欲はおさまっているし、

気分転換したいのと、

今どんなものが

流行っているのかなーと

いう気持ちで

なんとなく

ミロードに行きました。

 

新宿の主なファッションビルのうち、

ルミネ1が大人女子。

ルミえ2は大学生〜OLさん。

ルミネエストは高校生、大学生。

そんな棲み分けかと思います。

 

ミロードもエストと

年齢層は同じ感じですが

なんとなく、

系統が違うんですよね。

ミロードの方が、

裏原寄り、というか。

昔、USED MIXという雑誌が

好きだったのですが、

そんな系統です。

 

買い物依存時は

主にルミネ通いだったので

ミロードは

かなりお久しぶり。

10年ぶりくらいでしょうか。

 

どうなっているかなーと

覗くと、

USED MIXを愛読していた頃、

好きだったミスティック、

ジーナシス、まだ

ありました。

マリークワントも。

 

積極的に運動すると決めて

今まで好きだった

可愛い系、綺麗系の

マーキュリーやスナイデル

エブリンは

自分の中でお休みしています。

 

今着ているのは

アディダスのブルゾンに

黒いスキニー、

スニーカーは

先日買ったエアハラチ。

 

去年までとは

180度違う系統です。

でもこれはこれで

今すごくそういう気分なので

着ていて楽しいです。

 

そんな時、

ミスティクを覗いたら、

ツボすぎて (゚o゚;;

今の気分である

スポーツミックスのテイストを

柔らかく仕上げてくれそうで

再びミスティックに

はまりそうです。

 

ミスティックも

大学生くらいが

ターゲットだと思いますが

ナチュラル系で

可愛すぎない

渋いものもあるため

40代の私でも

着れそうなアイテムがあります。

 

ミスティックの、

アイボリー、グレージュ、

テラコッタ系の色出しと、

気張りすぎてないおしゃれ感、

が好きです。

今回目に入ったのは

モモンガみたいな

ドルマンスリーブ

パーカー。


f:id:mejiromeikyuu:20180423133610j:plain

 

シャカシャカ素材で、

ゆったりなので、

スキニーに合いそうだし、

丸めていつでも持っていれば

肌寒い時に

すぐ羽織れて便利です。

 

即決しそうになりましたが、

とりあえず、保留。

でもいずれ買いそうです(笑)

 

そして、マリークワント。

マリクワ。

すごく、懐かしい。

いちばんはじめの思い出は、

まだ長崎に住んでいた、

小学生の頃です。

 

唯一の繁華街アーケードに

マリークワントの

お店がありました。

いいないいな、

と思っていましたが、

小学生の私は

お店のお姉さんが怖くて

入れません。

 

高校生のお姉さんたちが、

制服にカバン、

当時流行っていた

OSAMUグッズの

サブバッグを下げて、

お店で楽しそうに

あーでもないこーでもない、

とやっている様子を

遠目に見ているだけ(笑)

 

80年代は、

長崎も華やかな時代でした。

そんなキラキラの一つが

私にとっては

マリークワントで、

モノトーンの

あのデイジーのデザインが

すごくカッコよく思えました。

 

大学に入って

上京して初めに行った

コスメショプも、

マリークワントでした。

 

ちょっとテスターを触っただけで

BAさんが寄ってきて

いつの間にか座らされ、

スキンケア、

ファンデーションまで

タッチアップしてくれ、

そしてシャッと電卓を叩いて

私に見せました。

 

毎月5000円くらいで

スキンケアから

メイクまで

一式揃えられるよ、

みたいに言われて

(今の時代、

そんな接客をしている所は

ないです、念のため(笑))

カードの一枚も

持っていない私は

命からがら!?断って

お店を後にしたのでした。

 

そして42歳の今。

久しぶりに

マリークワントを

みたけれど、

デザインの方向性は

当時と変わらず、

ぶれていなくて、

カッコイイです。

 

昔みたいに

流行っているわけじゃないけれど、

ブランドの興亡が

激しい世の中にあって

今までずっと続いているのは

すごいことですね。

 

あのデイジーは永遠だな。

私の中の80年代の象徴は

サンローラン、

ファンシーショップ、

マリークワント。

そう再確認しました(笑)

できることから、目の前のことからやっていこう。

昨日、

自分の着地点が

わからない

などと書きましたが、

 

よし、頑張るぞ!

今月は節約してて偉い!

小説も書いていて偉い!

と思う時もあれば、

 

でもダイエットできていないし、

小説も、昔ほどは書けていないし、

私はこの先

どうなっていくんだろう。。

と沈む時もあり、

 

結局こういう話って

常にループなんですよね。

その差異が激しくなると

鬱状態となるのでしょうけれど。

 

多かれ少なかれ

人はそういうものなのかな、

とも思いますし、

淡々と日々生きていくしかない。。

 

そんなことを思っていた今朝、

何気なく目に入ったこの記事。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

私、野球のことは

全然わからないし、

興味もないけど、

殺人的な通勤ラッシュの最中、

目から汗が出そうに。。w

 

今の松坂には全盛期とはまた違った何かがあるのは確かだと思う

 

松坂ってのは不思議な選手だ。
松坂以上の活躍や実績を残した選手は何人もいるってのに、松坂ほど華のある選手はほとんど思い浮かばない。
レジェンドのイチローや松井でもスター性という部分に限れば松坂には勝てないだろう。
中略
阪神ファンで上本ファンの俺が敵投手に三振にしとめられたってのに悔しくないどころかちょっと嬉しかったのなんて初めて

 

松坂はもうダメだと勝手に決めつけてた自分が恥ずかしい。
全盛期のような球の勢いもキレもないけどそれ以上の気持ちを感じたマウンドでした。

 

晩節を汚さないで欲しいと思った時もあったけど、今投げてる姿を見たら、そんなものどうでもよくなりました。どんなに衰えても打たれても、あの夏は消えない。ボロボロになっても頑張っている姿は、むしろPL戦明徳戦の時から何も変わってないとわかりました。

 

いつになく熱い

ヤフコメの皆さん。

泣かせようとしているとしか

思えない(笑)

 

今は、昔じゃない。

私は大学時代に戻れない

できること、

目の前のことを

やるしかない、

着地点が見えないとか

言っていないで、

やらなきゃ。

 

世界で活躍し

実績を残している

松坂選手と

自分とを比べるなど

おこがましすぎるのですが、

 

逆に、

あれだけの成功体験を

一度は味わった人が

不振となり

周囲からバッシングされ、

何より

自分自身で

その衰えを感じることが

どれほど辛いことか、と。

 

そんな中

死に物狂いでプレーし、

結果を残して

見ている人の心を

これだけ動かす。

 

。。。すごいなあ、

すごいなあ、

電車の中で

ただただ

そういう気持ちに

包まれていたのでした。

 

私の場合、

誰に見せる人生でもないですが

悩んでいる暇があったら

何がいいかわからなくても、

動くこと。

 

動かないと、

何も変わらない。

自分を変えられるのは

自分だけ。

 

十年後の自分が

少しでも満足するように。

買い物依存症克服、ミニマリスト、の次の目標は?

私が目標としている

買い物依存症の克服

そして服の断捨離をして

必要最低限のモノを

大切にして生活する、

ということですが、

 

どちらもまだ

道半ばだというのに、

ここ最近、

なんだか目標を

見失ったように

釈然としない状態が

続いています。

 

以前、

ミニマリスト依存に

なっていませんか?

という記事を書きましたが、

何となく、

終わりが見えてしまった感じです。

 

いや、逆に、終わりが

見えていないのかもしれません。

着地点がわからないのです。

 

買い物をやめ、

モノを大切にし、

ミニマリストになれたとして、

じゃあそれで

全て満足かというと

そうではない。

それがゴールではない。

その次、

何をすればいいんだろう。

 

最終的に、

どうしたら自分は

充実を感じられるだろう、

幸せになれるのだろう、

率直に言うと

そういう疑問です。

 

私の場合、

小説創作、投稿、という

目標あるのですが、

今、それも

買い物依存症期間よりも

できるようになっているものの

大学時代みたいな

フルパワーで

取り組めているわけでもなくて、

満足感、幸福感?

がないのです。

 

これは自分の精神的な

問題だとは思います。

去年、一昨年と比べると

確実に生活の質、

は向上して、

やりたいことをやって

充実してきていると

わかっているのに、

納得できない。

贅沢なことかもしれません。

 

人は、もっと、もっと、

という生き物です。

哲学者ショーペンハウアーの名言

『富は海水に似ている。

飲めば飲むほど、

のどが渇く。』

をふと思い出しました。

 

私は富を得たわけでは

ないけれど、

憧れていた

生活スタイルに近づき、

その心地よさを

味わったことで

もっと心地いい、

充実した生活が

あるのではないか?

と心のどこかで

感じているのかもしれません。

 

本音を言うと、

大学時代にもどって

全てやり直したい。

でもそれは

天地がひっくり返っても

無理な話です。

 

しかし、大学時代が

戻りたいほど

幸せだったかというと、

そんなことはなく、

当時の自分は、

高校時代に戻りたいと

思っていたのです。

 

その時その時で

常に過去に執着する

性質をなんとかしない限り、

私は幸せになれなさそうです。

 

この調子でいくと、

今日のこの日、

この悩んでいる

42歳の時にすら

戻りたいと思う時が

いつの日か、くるはず。

そう思って、

今の時間を大切に

味わおうと

言い聞かせています。

 

 

 

生きるためのダイエット。ナイキエアハラチ買いました。

先週、年に一回の

乳がん検診を受けてきました。

幸い、結果は異常なし。

 

毎年、検査の一週間前から

そわそわします。

もし異常なしだったら、

今度こそ、

食生活を改めよう。

運動をしよう。

健康という有り難さ、

幸運に感謝して

生活習慣を改めよう。

 

検査直前は毎回、

このような気持ちに

なるのですが、

ご想像通り

喉元過ぎれば何とか、

という言葉通り、

検査が終わってしまえば

そんな決意は跡形もなく、

また元どおりの

怠惰な生活に戻る、

ということを

繰り返してきました。

 

しかし。

私、去年の健康診断で

脂肪肝、と診断されました(^◇^;)

脂肪肝、って

フォアグラと一緒ってこと。。w

 

今まで健康診断で

何か引っかかったことが

一度もなかったので

かなりショックでした。

太ってるけど、

健康だし。

みたいな奢りがあったのです。

 

外見肥満&脂肪肝

ということで

確実に老化に拍車がかかっている、

そして何より肥満は

乳がんになりやすいとされています。

 

これは本当に気をつけなければ

健康寿命が縮むな、と思い、

去年7キロ減量しました。

現在158㎝、65キロ。

 

私は乳腺疾患の

既往歴があるため

普通の人より

気をつけなければ

ならないのですが、

 

『その身長で、

50キロ以上あっちゃ

ダメでしょ〜』

先生に、

サラッと言われてしまいました(^◇^;)

※あくまで乳がん予防の観点の話です。

この身長の適性体重は54キロ前後。

 

50キロどころか、

60キロを切ることがまず目標。

オーソドックスに

食事と運動の改善です。

 

ウォーキングは今までも

していたのですが

さらに日常の

ちょっとした動き、

階段を使う、や

電車に乗るところを

一駅は歩く、など

加えていこうと思います。

 

そういった行動を

支えてくれるのが

歩きやすい靴です。

 

今まで、

見た目重視で

靴選びをしてきましたが、

今回は、まず

歩くのをサポートしてくれる

という観点で、

ナイキのエアハラチを

購入しました。

 

このモデルは

もともとウォーキング用で

足首をしっかり

ホールドしてくれるのと

靴底も適度な厚みと

クッション性が

あって膝に優しいです。

 

f:id:mejiromeikyuu:20180417202607j:plain

※大好きなピンク。

ベージュを含んだスモーキーで春らしいカラーです。

 

歩きやすく疲れない靴は

行動自体を変えてくれます。

 

電車で空席を見つけても

座りたい、と思わないなんて!

それどころか、

立っているのが

ちょっと心地いいくらいです。

 

エアハラチですが

かなり履き口が

狭くできているのと、

かかとを押さえている

特徴のゴム部分で

足全体が靴のつま先の方に

寄せられるので

普段のスニーカーより

1㎝くらい大きいサイズが

いいとのことです。

 

私はパンプスが22.5㎝、

スニーカーは通常23.5㎝

を履きますが、

ハラチは24㎝にしました。

長時間歩くと、

むくみも出てくるので

これくらい余裕があった方

がいいようです。

 

今回ピンクを買いましたが、

デザインも気に入ったので

しばらく履いてみて

このサイズ感で良さそうなら

白や黒など

色違いも検討します。

 

代わりに、可愛いという

見た目だけで買って

お蔵入りしている靴や

履いてすぐ

足が痛くなるヒールは

とりあえず、

断捨離します。

 

ヒール、大好きですが

悲しいことに、

今の私には無理なのです。

あの小さい面積に

65キロの体重がかかるって

恐ろしいです。

自分の膝が、可哀想w

 

痩せて膝に負担が

かからなくなったら

ご褒美として

ぴったりなヒールを買おう。

その時まで

エアハラチで歩きまくろうと

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買い物は、失敗も含めて楽しむ。

買い物依存症からの

今、なるべく買わない生活で

心がけていることは

買うときに

よく吟味することです。

 

大切にできるか?

すぐ飽きないか?

使用頻度は?

要するに、

支払った金額に、

見合うかどうか。

 

このように

慎重になっているので

最近は、

これは失敗したなあ、

という買い物は

特にありません。

 

3月に買ったお財布は

毎日使っていてるし、

4月に買ったイヤリング、

そしてGUのスカートも

デイリーに愛用しており、

とりあえず満足、

順調です。

 

でも

やましたひでこさんの

著書を読み返していた時

以下のような趣旨の

記述に目が留まりました。

『買ってすぐに

違うな、と

と思ったことも、

実はたくさんあります。

でも、そういった失敗も含めて、

買い物を楽しんでいます。』

 

そうです、

買い物という行為は

本来、

ときめくもの。

楽しいもの。

 

お金は確かに大切です。

大切に使わなければ、

いけません。

でもこれも、やっぱり

ほどほどが重要で、

あまりにも

ガチガチに考えると

お買い物の

楽しさも半減です。

 

もちろん、

車や家などの

一生の買い物で

『失敗しちゃった。てへ。』

などと笑っていられる人は

多くないと思うので (^_^;)

高額なものは

慎重な検討が

必要だとは思いますが。

 

買い物は、

失敗したって

死ぬわけじゃない。

機会損失は

取り返しがつかないことも

多いけれど、

お金はまた、

稼げばいい。

 

その通りなんですけれど、

その『稼ぐ』

ということが

大変だから、

躊躇するのですけれどね。

 

しかし、

買い物について

このように

こねくり回して考えたり、

自分の中で、

定義付けしたり

と、そんな風にしなければ

普通の買い物も

ろくにできないところが、

私はやっぱり

普通じゃない。

やっぱり

買い物依存症なんだ。

そう嫌でも思い知らされます。

 

大学生の頃みたいに。

普通の感覚で

さらっと

お買い物ができる日、

来るのでしょうか。。

 

 

ブランドもプチプラも大好き。

私には相反する

二つの気分があります。

背伸びしてお洒落をしたい日。

身の丈に合ったプチプラを着て

活動的でいたい日。

 

日によって、

というより

誰と会うか、

どこに行くか、

で気分が変わります。

 

例えば、銀座や新宿などで

誰かと会ったりする時は

背伸びするのが好きです。

気持ちが

シャキッとするような

仕立ての良い服、

手持ちで言えば、

ヨーコチャンの服、

バッグはケリーや

ヴァレクストラ。

 

一方、一人で

新宿、池袋方面に

目的もなく

散歩する時は

身の丈ファッションが

好きです。

 

無印のカットソーに

ノーブランドのデニム、

キャップをかぶって

バッグだけはサンローランを

斜めがけします。

サンローランって

ジーンズにTシャツ、

というラフな格好の時こそ、

カッコイイ気がします。

 

どちらも私の好きな

過ごし方ですが

心から楽しいのは

やっぱりブチブラ、

身の丈ファッションの日です。

分相応で

リラックスできます(笑)

 

先日、

母が里帰りのため

上京してきました。

(母は長崎在住ですが

東京出身)

「新大久保に行きたい」

というので、

妹と3人、

韓国コスメのお店を

覗いたりした後、

カントンの思い出新大久保店、にて

チーズダッカルビを食べました。

 

f:id:mejiromeikyuu:20180413185820j:plain

※ 辛いものが苦手なので醤油ガーリックにしましたが、

チーズがこってりしているので辛い方でもよかったかも(^◇^;)

 

f:id:mejiromeikyuu:20180413185746j:plain

 

※ マッコリの由来は農民のお酒 、だそうで、

昔ながらのヤカンで出てきます。

 

この時も、

私はリラックスした

プチプラファッションでした。

ライダースに

黒いスキニー、

ドクターマーチンに、

サンローランです。

 

土日の新大久保は

人がとにかく溢れています。

竹下通りより、

混んでいます。

大げさでなく、

本当です(゚o゚;;

 

竹下通りとは違うのが、

年齢層。

新大久保は、

10代の若者だけでなく、

50代以上のマダムの集団も

いらっしゃいます。

 

 f:id:mejiromeikyuu:20180413191355j:plain

 ※ 連日大行列の新大久保B級グルメ、ポテトレーラ。

外側がポテト、内側はホットドッグ、中はチーズ

という高カロリーづくしの一品。

下の方に見える白い棒みたいな部分が、

実はモツァレラチーズ!伸びまくりです。

持ち手は上の方に写っています(^_^;)

 

韓国コスメ、

韓流ドラマ、KPOP。

それぞれのファンで

ひしめき合っています。

 

私は韓流のファンでも

アンチでもないです。

ただ、強いて言えば

この新大久保の熱気、

が好きです。

 

ごちゃごちゃしているのが苦手、

という方も多いと思いますが、

何だがパワーを感じるし、

ただのデニムにTシャツなのに

スタイル抜群の

美しい女性を見かけると

素敵だなあ、

私も頑張らなくちゃ、

という気になれるからです。

 

誰も気取ったファッションなど

していなくて

みなさん、

プチプラから

ブランドまで

思い思いのお洒落を

楽しんでいます。