買い物依存症。でもミニマリストになりたい。

買い物依存、ミニマリスト、相反する要素を包括、葛藤を綴るブログです。 買いたい。 でも貯金したい。 持ちたい。 でも増やしたくない。 そして、雨後の竹の子のように数多存在するミニマリスト本、お片づけ本、捨て本、シンプル本、そんな本を読んだ場合の感想など。 その他もろもろ。 どうなっていくかわからないブログですが、よろしくお願いいたします。

秋のコーデを考える前に。

今年の秋のテーマ、

『今、持っている服で

何とかする』

です。


私はすでに

着たいと思える

お気に入りの服を

たくさん持っているのです。

でも、そのほとんどは

太って着れないものばかり。


痩せたら着る、

という類の服は

断捨離すべし、

というのが

セオリーですが、

私、ここだけは

諦めたくありません。


今まで何回も

断捨離してきたので

今なお残っている服は

もうほとんど

一軍ばかりです。

絶対に

手放したくないです。


そして

今の体型に合わせて

新たに服を

買うことだけは

避けたいです。


そんなことをしたら、

永遠に

痩せられません(^◇^;)


現状、

着られる服が

20着くらい、

着られない服が

80着くらいで、

合計100着ほど

服があります。


一時期、250着くらい

あった頃に比べれば

かなり減らしました。


最終目標

50着くらいに

なるまで

減らしていきたいですが、

その作業は

一通り全ての服に

袖を通してから。


取捨選択のために 

ダイエットが必須です(^◇^;)


多分、

あと5キロくらい減れば

ほとんどの服が

着られるように

なりそうです。


たかが5キロ、

されど5キロ、ですね。


先日、韓国に

3泊したのですが、

帰国して体重を測ると

1.5キロ痩せていました。

その後1週間で

元に戻りましたが。。


韓国料理は

野菜がたくさんで

ヘルシーですし、

キムチの野菜乳酸菌は

便通を良くしてくれる

らしいです。


なおかつ、

三日間平均

一日35000歩

歩いていましたΣ(・□・;)

以前ディズニーランドに

行った日より

歩いていました。


これが平日だと

私の場合

毎日12000歩くらいが

平均です。


毎日一万歩、

と推奨されますが、

普通に生活していれば

クリアできるんだなと

思いました。

ただ、体を変えていくには

少なくとも2万歩以上

必要です。


散歩って

カロリー消費自体は

地味ですが、

どんな運動よりも

体にいいような

気がします。


体内の

いろんな循環が

良くなる、

というか、

リラックス効果もあり、

 ちょっとした不調なら

すぐリセットされますし、

何より楽しいから

続けるのが

苦ではないところが

いいですね。

ささやかな幸せ、そして時々の贅沢。

最近は

自分が決めた

小さな目標を

日々守ることで

精神が

安定しているように

思います。

 

私の場合は

【夜10時には小説創作】

【週に2回は図書館で小説創作】

この二つを

守っています。

 

これをやり通すことで

日々の何気ないことが

全て楽しくなります。

 

昨日の夜、

お茶を飲みながら

図書館で借りた

ダヴィンチコード

読み始めました。

 

芸術系の

ミステリーは

秋の入り口に

ぴったりです。

 

あんなに

寝苦しい熱帯夜も

いつの間にか

過ぎ去って

窓から入る風は

ひんやりとしています。

 

久しぶりに

ジャズを聴きながら

ゆったりと読書。

言いようのない

心地よさがあります。

この上ない

贅沢な時を

感じました。

 

ここ十年で

間違いなく

今年が一番

買い物をしていないし、

お金を使っていません。

 

けれど

今年が一番

精神的に

安定感があり、

幸せです。

 

先日、大学時代の

友人と、

大学の時以来ぶりに

シェーキーズ

行きました。

 

実はピザが苦手で

シェーキーズ

行くと、

いつもポテト、

パスタばかり

食べていたのですが

 

今回も同じように

ポテトとパスタ

だけを

お皿に持って

一口

食べてみると、

 

その途端、

ああなんか、

すごく安心する。

 

ジャンキーな味の

ポテトも、

少し伸びた

明太子スパゲティも。

 

当時から

何も変わっていない、

この味が

ものすごく

フィットするな、と。

 

これが私だな、

と思ったのです。

 

今まで、

特に近年は

着飾って

星のつくレストランや

西麻布の

隠れ家バーなど

 

取り残されるまい、

と調べては

行ったものですが、

 

その全ては

背伸びでした。

40超えて、

背伸びも何も、

ないかもしれませんが、

でも完全に、

背伸びでした。

 

高価なお値段、

ファグジュアリーな雰囲気、

厳選素材のお料理、

気取った会話。。。

 

確かに素敵で、

その緊張感も

刺激的でしたが

それよりも、

おしゃれでレアな

お店を知っている私、

に酔っている、

というか、全然

フィットしていませんでした。

 

少なくとも

今の私には

誰もが知っているような

チェーン店

街の喫茶店

よく行く新大久保の

サムゲタンのお店、など

 

そういった

身近なお店の方が

フィットするようです。

お店の空気、

と言うよりも

味自体も。

 

味覚は、

自分の歴史に

根付いています。

 

だから、

多分、今後

ものすごく

お金持ちに

なったとしても

それは変わらないと

思います。

 

私の家は

日常的に

高価なレストランに

行くような家では

ありませんでしたし、

たまの休日には

父が昔から行っていた

こぢんまりした

洋食屋さんなどに

行くくらいでした。

 

小さい頃から

そのように育ったから

高級店は

落ち着かないし、

味にもホッと

できないのだと

思います。

 

でも時々は

おしゃれをして

素敵なディナーや

旅行にも

出かけたいとは

思います。

 

この、時々、

と言うバランスが

重要だと、

ようやく最近(^_^;)

わかってきた

ような気がします。。

 

日々節度ある

生活が

あってこそ、

時々の贅沢が華やぐ。

 

そして

その贅沢な時間は、

日常に戻った時

そこにある安心感が

より一層尊いものだと

気付かせてくれます。

 

素敵なバッグ、服、靴など。。

以前の私のように

毎月ほいほい

買えば楽しい、

と言うわけでは

ないのだ、と

ようやく

身にしみてわかりました。

 

そして今、

次の『時々の贅沢』は

何にしようかなーと

ウキウキ考えています。

 

来年、

ベルギー、フランス、ドイツ

などのヨーロッパ旅行に

しようかな、など。

 

これは全く

ダヴィンチコード

影響でw

魅力的な世界観に

圧倒され、

美術館巡りを

したいなと思いました。

 

しかし先日の

韓国旅行のように

計画して

予約した時は、

行く気満々でも

いざ出発となると

興味がなくなっている、

と言うことが

十分にあり得るので(-。-;

まだ検討中です。

 

過去にしがみつくのは病気なのか?

このブログでも

散々書いていること

ですが、

私は40を過ぎた今でも

大学時代の

自分自身に

縛られたままです。


友人関係、

順調な創作活動、

そして、若さ。


ただ、

大学時代の

全てが良かった、

わけではないです。


特別何かに

成功したとこともなく、

恋愛が順調、

ということも

ありませんし、

実際、大学時代 

鬱々として


なんてつまらない日々。

なんてツイていない自分。

という風に思っていたことも

ちゃんと覚えています。


過去は

美化されるもの。


今はないものを

取り戻そうとする

気持ち。

失われた時、

に対する

やるせなさ。


そのような気持ちが

入り混じって

日々悶々としつつも

なんとか

今、ここ、

を生きようと

格闘しているのが

今の私です。


これは

元々の自分の性格や

過去、

友人に絶交された

ことを引きずっている

ためだと

思っていたのですが、

先日ふと、


『過去にしがみつく心理』


で検索してみると


『病気』


というワードが

出てきてました。


え?病気?!


うつ病の症状の

ひとつに、

非常に似ているところが

あるようでした。


え、じゃあ、

私って20年近く

うつ病だったか

しれないの?!


全く思いも

よりませんでした。

そんな可能性が

あるなどと

考えたことも

ありませんでした。


そうか。

病気かもしれないのか。


たしかに、

普通の人の

何倍も

過去に執着する

ところがあり、

大学時代の

日々の断片を

かき集めようと、


例えば

誰かに連れて行ってもらった

お店の名前、

友達が当時住んでいた

アパート、

流行っていたCMソング、

など


当時は全く

興味がなかった

にもかかわらず、

あれは何だっけ?

と、検索しまくったり、

お店なら

まだあるかどうか、

うろ覚えの場所を

ふらついてみたり。。


改めて書くと

より一層異常行動だな

と思います(^◇^;)


でもまさか、

病気、とまでは

思っていませんでした。


買い物依存症という

病気ではあると

思います。

でもうつ病の可能性は

考えていませんでした。


それは、一応は

普通に、社会生活が

送れていたからです。


会社に行けない、

食事ができない、

塞ぎ込んで

友達にも会えない、

という状態には

なったことも

ありません。

むしろ外出大好きです。


また、毎晩必ず泣く、

という友人が

いるのですが、

(ひたすら、自分は

なぜこんなに

不幸なのか、と

嘆くそうです)


その友人も、

会って話す分には

楽しくて普通ですし、

もちろん仕事も

普通にしているので、

精神科にも行っていません。


だから

人にはそういう部分も

あるよね、

と自分のことも

軽く考えていました。


というわけで

てっきり

過去にしがみつくのは

自分の性質、

現実逃避、

だと思っていたのですが


もしこれが、

何らかの

精神的な病で

治療によって

解決できて、

霧が晴れたように、

過去への執着が

断たれるのであれば

素晴らしいことです。


そしていま、ここ、

だけを

大切にできれば

毎日が本当に

楽しくなりそうです。


しかし、

私にとって

過去への執着が

小説創作の

原動力に

なっているのも

事実なのです。


過去に捕らえられて

苦しい。


その感情が

一切なくなったとしたら、

それはそれで

小説を書く上で

つまらないのかも

しれません。


過去に縛られている、

とか、苦しいとか、

そういうのも、

実は

自分が選択したこと

なのかも

しれないです。


とはいえ、

機会が訪れたら

精神科を

受診してみようと

思います。

韓国旅行の結論。旅はライブ感を楽しむ!

昨日韓国から帰国しました。

 

初・韓国でしたが

感想は、

買い物なら

新大久保でいいかな〜

と言うこと(笑)

 

目的が何なのか、

によりますが、

コスメ、雑貨、食品など

ほとんど日本で

どうにかなるもの

ばかりです。

 

例えばコスメなら

明洞が有名です。

一見、見切れないほど

たくさんの

コスメブランドが

立ち並んでいるように

見えますが、

 

実は同じブランドが

数メートルごとに

何店舗もあったりして、

そんなに種類があるわけでも

ないように感じました。

しかも、

そのほとんどは

新大久保に

あるブランドです。

 

 

また価格も

激安かと言われると、

そうでもなく、

日本より1〜2割

安い感じですが、

元々プチプラなので

数百円の違いです。

 

それなら

持って帰るのも重いし、

新大久保で

買えばいいやーって

いう感じで、

何も買いませんでした。

 

この旅行を企画した時

三ヶ月くらい前で

ヴィンテージマトラッセ

お店に行きたい!とか

免税店で

正規品を買いたい!

とか、鼻息荒い時

だったのですが、

今は物欲が

落ち着いていて

ある意味テンションが

低い状態で

旅行してしまいましたw

 

ヴィンテージショップは

1軒だけ入ったのですが

マトラッセ

1個しかなかったし、

その他のラインナップも

以前覗いた

表参道にある

ショップの方が

比較にならないくらい

品揃えもいいです。

 

mejiromeikyuu.hatenablog.com

 

ハイブランド

免税店も

どうせ買わないしー

っていう消極的な

気持ちで、

一切入らずでした(^_^;)

 

唯一、

韓国でここに行きたい!

と事前に調べて行ったのは

ミントハイムという

チョコミントのお店です。

 

f:id:mejiromeikyuu:20180911214143j:plain 

 f:id:mejiromeikyuu:20180911214229j:plain

 

とにかく可愛い!とにかくミント!な世界観です。

 

f:id:mejiromeikyuu:20180911214323j:plain

 

一番人気という、オレオチーズケーキ、とチョコファッジケーキを注文。

 

実は、ミントが

好きという

わけじゃない、

というか、

むしろ苦手なのですがw

 

韓国にしかないお店だし、

完全にビジュアル重視で

行ってみました。

 

あんまり食欲は

そそらないお色ですが(^_^;)

スースー感がある

チョコレート、

という感じで

意外と美味しかったです。

 

ミントが無理な人用

(友達に無理やり

連れてこられた

人とかですね(^_^;))

ミントなしの

普通のチョコレートケーキも

ありました。

 

ファッションについては

弘大とカロスキルが

よかったです。

 

弘大は原宿、渋谷、

みたいな雰囲気で

Tシャツが500円、

スカート1200円

くらいで洋服が揃います。

 

ブラウスを

台形スカートに

インするスタイルが

流行っているみたいで

多くの店の

トルソーが

そのコーデでした。

 

カロスキルでは

ベージュ系の服が豊富で

ベージュ好きの私としては

テンションが上がり

いくつか試着も

させていただきました。

 

お店の方との

やりとりなど

私は韓国語は

完全にわからないので

全て英語で(^_^;)

しかし結局、

これだ!っという服は

なかったため

何も買いませんでした。

 

食事は

コムタン(牛テールスープ

やチヂミ、石焼ビビンバなど

食べました。

あと、せっかくなので

東大門市場の屋台で

キンパ(海苔巻き)

やチャプチェ、トッポギを

食べました。

 

美味しかったです。

でも新大久保の

方が、美味しいです(笑)

やっぱり

日本人好みに

味付けされている

のでしょうか。

 

しかし、新大久保、

いや、日本にないもの、

それはライブ感です。

市場のごちゃごちゃ

ガヤガヤした中で

食べるライブ感、ですね。

 

そして明洞にしろ、

弘大、東大門にしろ、

とにかく夜が長いのです。

むしろ、日中より、

夜の方が賑わっています。

 

洋服屋さんも

コスメショップも

昼12時に開店して

翌朝4時まで、

というところも

少なくありません。

 

深夜なお明るいお店、

お客さんの熱気、

そんな中

目的もなく

ウインドウショッピングを

しているだけで

なんだか気分が

高揚します。

 

これは日本には

ないものです。

今回いちばん

楽しかったことです。

 

ここ最近

モノにではなく

体験に時間やお金を

使いたい、

と思うようになっています。

 

今回は

本当にそれを感じた

というか、

モノに振り回されず

街の雰囲気を

いっぱい感じることができて

いい思い出になりました。

 

 

ミニマリストな旅支度。

今週末、妹と韓国に行きます。

金曜の夜に出発、

月曜の夜に成田。

3泊4日ですが、

実際の観光は丸2日と半日、

といったところです。

 

20年近く

海外旅行をしていません。

今回、すべて妹が

手配してくれたので、

eチケットのURLを

ラインで送ってと頼むと、

パスポートだけあれば

飛行機乗れるよ、

と言われてびっくり。

 

今は、eチケットも

いらないのか。。

というか、

20年前は

eチケットさえも

ありませんでした。

 

リアル・紙のチケット

がすべて。

失くすと、アウトです。

渡航中一ヶ月近く

かなり神経を

使った思い出です。

 

この20年

私の知らないうちに

いろんなものが

生まれて

それに代わるものが

次々に出てきて、

ということが

繰り返されていて

利用する機会が

一度も訪れないまま

消えていった

モノやサービスが

たくさん

あるんだろうなあ、

としみじみ。

それだけ時は経った、

ということ。

 

私の驚きは、

ポケベルから

諸々すっ飛ばして

突然iphoneXを

持たされた人みたいな

感じです(笑)

 

時代が変われば

旅行の必需品も

変わりますね。

 

当時はやっと

PHS

普及し始めた頃です。

インターネットも

やたら大きい

デスクトップで

有線で

やるもの(笑)

出先からスマホ

調べ物ができる、

なんて

考えもつかない時代でした。

 

今はそれが当然なので

空港で海外対応の

Wi-Fiの貸し出しや、

プリペイドsimの

販売があったり。。

どこに行くにも

スマホ

ネット環境は必須ですね。

 

でも当時は

そんなものがなくても

旅行はできたのですから、

今だって絶対必要、

というわけでもありません。

あくまで便利、

ということですね。

 

今回は、妹がすでに

成田でWi-Fiの予約を

してくれたのですが、

私は使わなくても

いいかなーと

思っています。

一応ガイドブックを

買ったので

なんとかなるかな、と。

 

スーツケースは

どうしても

その大きさや

形が好きになれず、

買いませんでした。

 

その代わり、

無印のリュックを

買いました。

これなら

普段のウォーキングや

登山のときにも使えて

死蔵することもありません。

 

www.muji.net

 

このリュック、

ペットボトルや

日傘が入れられる

サイドポケットが

とても便利です。

 

そしてこれが

購入の最大の

決め手だったのですが、

背負ったまま

内部にアクセスできる

背面のファスナー!

 

リュックサックが

不便だなと

感じるのは、

財布や携帯を

取り出すときに

いちいち

背中から

下さなければ

ならないことです。

 

背負ったまま

片手で

ファスナーを下げて

財布を取り出せるのが

素晴らしい!

改札の前でもたつかない!

買ってよかったです。

 

そして今回の

 

パッキングですが

すべてこのリュックに

入るだけに

したいので

ほとんどモノを

持っていかないことに

しました。

擬似ミニマリスト体験です(笑)

 

3泊ですが

着替え(服、下着

は1セットのみ。

当日着ているものと

合わせて2セットに

なるので、

手洗いで交互に着ます。

 

格安だし、

どんなホテルか

わからないので

アメニティも

期待できないのですが

寝間着用の

Tシャツも持って行きません。

 

きっと寝間着があると

信じて。。(^_^;)

もし無かったら、

翌日用の服に

着替えて寝ます(^_^;)

 

その他

こまごましたものは

晴雨兼用折り畳み傘

小分けのスキンケア

日焼け止め

洗濯バサミ、紐

手ぬぐい

スマホ

充電器

 

ちょっと箱根の

温泉に行ってきまーす

っていうのと

ほとんど変わらない

気がします(笑)

パスポートがあるかないか、

の違いで。

コンセントの変換器は

妹が持っているそうなので。。

(本当、妹に頼りっぱなしで(^◇^;))

 

女性はヘアケア関係、

ブラシ、ワックス、スプレーや

ドライヤー、コテなど

荷物が多く

なりがちですが

その点私は

一切ヘアケア

していませんので(笑)

備え付けの

シャンプーリンスでOKです。

もしなければ、

現地のコンビニで買います。

 

韓国なら日本と

あまり変わらなそうなので

モノで困ることは

あまりなさそうです、

何か足りなければ

向こうで買えば

いいよね〜

などと思うのですが、

もし旅行先が

僻地だと、

こうはいかないですね。

 

旅行に限らず、

荷物を少なく

できる、

ミニマリストとして

生きるというのは

周囲の環境に

助けてもらっているから、

ということも

忘れないように

感謝したいと思います。

 

買い物のことを忘れているうちに。

買い物依存をどうにかしたい、

というきっかけで

始まったこのブログですが

最近、めっきり物欲が

収まり、

買い物のことを

忘れていました。

 

ただ、こういうのって

波があるんですよね。

 

つい一ヶ月、二ヶ月?

くらい前までは

バッグバッグ、って

言ってたわけですし、

 

暑さがおさまって

秋の気配が

深まれば、

自然に物欲も

ぶり返すのかなあ、

と思ったり。。

 

まあ、今は実際

買い物のことを

忘れていられるので

純粋に良かったね〜

と受け取っておき、

(他人事みたいですね(^_^;))

 

いつまで続くか

わかりませんが、

今のうちに!?

目標に向かって

頑張っておこうと

思います。

 

さて。

今までが

暑すぎたせいか、

30度行かない日は、

涼しいな〜

もう秋かな〜

などと思ってしまう

今日この頃ですが

 

私の中では、

すでに芸術の秋!です(笑)

先日図書館で借りてきた

原田マハ

『楽園のカンヴァス』

今更、ですが初読です(^_^;)

 

 

今自分がどこにいるか

忘れるくらい、

引き込まれました!

 

読んでいて

思ったのですが、

私はどうやら、

こういう、

芸術系モチーフの

ミステリー仕立て

というのが

すごく好きみたいです。

 

私、3〜4才頃から

おばあちゃんと

ずっと一緒に

火曜サスペンス

土曜ワイド劇場など

食い入るように

見ている子だったそうですw

 

山村美紗系の

古都ミステリーモノ、

横溝系の

耽美・村社会モノ、

御家騒動モノ、

わらべ歌モノ、

伝統工芸モノ、

内田康夫

浅見光彦シリーズ

などなど。

どっぷり浸かって

育ってきたので(笑)

 

そんな私の

食指が刺激された

原田マハさんの本。


初めて読んだのですが、

文章も奇をてらっていない

スタンダードで

でしゃばりすぎないから

小説の世界観、

モチーフに集中させてくれて

読みやすかったです。

 

キュレーターならではの視点、

画家、コレクター

その周囲に渦巻く陰謀。

絵画一つが

これだけ世界を操る様、

作品の骨子となる

原田さんの

大胆で魅力的な構想

にワクワクします。

 

ただ、少し残念だったのは

終盤やや安易で

駆け足だったかな、

ということ。

折角これだけの世界観を

作っているのだから、

ちょっともったいないような

気がしました。

 

次は、ダン・ブラウン

ダヴィンチ・コード

を読んでみようと

思います(笑)

これも、今更なのですが(^_^;)

まだ未読です。

映画はDVDで見たので

違いも楽しめたら

いいなと思います。

 

 

決めたことをきちんとやると、毎日がしあわせ。

ここ2週間ほど

自分で決めたことを

毎日クリアするように

しています。

 

目標設定は

クリアできる程度の

ハードルの

低いことです。

毎日やる、

という習慣づけと

今日もできた、

という達成感を

味わうためです。

 

私の場合は

毎晩10時に

PCを開いて

最低1時間は

小説創作と

向き合うこと。

毎週水曜、土曜は

図書館にPCを持ち込み

同様に

小説創作に向き合う

という決め事です。

 

とにかく

その時になれば

余計なことは

考えずに

淡々とPCに向かいます。

 

これは私の性質かも

しれませんが

小さい頃から

何をするにも

母に、

『やることをやってから!』

と散々言われて

育ったため

 

本来やるべきことを

おろそかにしたり、

逃げたりして

目先の娯楽に

興じると

結局は

ひどい罪悪感を

感じるのです。

 

例えば

夏休みの宿題が

終わっていないのに、

友達と海に行く。

部屋の片付けも

していないのに

友達と買い物に行く、

など。。

 

思い返せば

目の前の

楽しい何かに

飛びつくのは

純粋に

そうしたいから、

という以上に

私にとっては

現実逃避の

手段でした。

 

そうやって得た

楽しい時間は

その時だけ。

家に帰れば

『やるべきなのにやっていないこと』

が待ち構えていて

魔法が解けたみたいに

虚しくなり、

自己嫌悪に陥る、

というパターンでした。

 

このような

子供の時の経験が

あるにもかかわらず、

全く学習しない私は

40を過ぎた今でも

同じようなことを

繰り返していたのです。

 

それがとうとう

先々週?

急に、猛烈に

嫌になってしまい、

とにかく逃げない、

ということだけ決めて

この二週間、

どうにかこうにか

やっているのですが、

その効果!?

が本当に素晴らしいのです。

 

まず、

毎日目覚めがいいです。

気分が晴れやかです。

何も

特別いいことなんて

ないにもかかわらず、です。

 

自分で決めたことを

実行する、って

それだけで

こんなに爽快な

気分になれるということ。

なぜもっと早く

自分を律しなかったのだろうと

後悔しきりですが。

 

そのように日々

過ごすようになって

ものすごく

充実感があります。

 

例えばカフェでお茶を飲む、

通りがかかりのお店に入る、

本屋さんで本を選ぶ、

という何気ない日常が

なぜかとっても

贅沢な時間に感じられ、

アドレナリンが出ます(笑)

 

今までは

同じカフェで

お茶を飲むにしても

自分の目標から逃げて

気を紛らわしている

という後ろめたさ、

が脳裏にあり、

結局、心の底では

楽しめていなかったのだと

思います。

 

やることをやって

すっきりクリアな

状態なら、

買い物にしても

友達との時間にしても

『私はやることを

きちんとやっているんだ。

今は心から

楽しんでいい時間だ

楽しむ権利があるんだ』

という風に

脳も心も切り替わります。

 

体がすごく

軽くなるし、

何の変哲も無い日々が

生き生きとした

素晴らしい日に

感じられるのです。

 

何気無いこと、

それがなぜか

とっても幸せで、

贅沢なのです。

 

今まで散々

買い物で

気をそらしてきた。

それ以外の娯楽も、

本当は逃げだった。

遠回りしたけれど、

やっと気づいた。

 

ライフハック、と

よく言いますが

私にとっては

何かを効率化する方法を

発見する、

という以上に

このことが

ライフハックでした。

 

家事、育児、

勉強、仕事

自己管理。。。

どんな小さなことでも

目標を持って

日々クリアすることで

目の前の世界は

変わると思います。

 

ちなみに今日は

仕事帰りに

ちょっと遠い

スーパー銭湯

行く予定です。

 

高級ホテルやエステ、

華やかなレストランに

行くわけではないですが、

今からとても

楽しみです!