読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買い物依存症。でもミニマリストになりたい。

買い物依存、ミニマリスト、相反する要素を包括、葛藤を綴るブログです。 買いたい。 でも貯金したい。 持ちたい。 でも増やしたくない。 そして、雨後の竹の子のように数多存在するミニマリスト本、お片づけ本、捨て本、シンプル本、そんな本を読んだ場合の感想など。 その他もろもろ。 どうなっていくかわからないブログですが、よろしくお願いいたします。

断捨離しました。モノを捨てて後悔しない?←後悔してもいいから捨てろ。

先日、思い切って押入れの中の服を処分した話につながりますが

どうやって取捨選択するのか?

断捨離本、ミニマリスト本を読むと

1年以上着ていないとか、ときめく、ときめかない、とか

いろんな方法がありますね。

 

『いいから捨てろ。』

私の場合は、この一言を肝に銘じて作業しました。

あーだこーだ、ごちゃごちゃ言ってないでとにかく捨てる。

フリマやヤフオクで1ヶ月以内に売れなければ捨てると決めて。

それがどんなに新品タグ付きブランドモノでも、です。

その押入れ部分に入っていたものは、もう3年近く放置していた服だから。

 

その時は捨てマシーンになりました。

ある程度モノが少ない人は、そんな破天荒なことしなくていいです。

そういう人は、ときめく、ときめかない、で判断していいと思います。

ただ、私みたいな汚部屋、モノが多すぎて身動きできない、

何から始めていいかわからない、っていう人にはオススメです。

 

捨てたことで後悔しない?

この手の質問も、よく断捨離本やミニマリスト本で見かけますよね。

私が実際捨ててみて思ったことは、

『後悔してもいい。』

この一言です。

後で後悔してもいいから、

とにかく今、部屋を綺麗にするために、捨てる。

 

後悔って、文字どおり後から起こることだから、

今いくら考えてみても、わからないのが当たり前です。

あのホリエモンも、先のことは全くわからない、って

どこかで言ってたしw

後悔するかもしれないから捨てない、

って言っていると、いつまでたっても片付かないです。

 

片付いて快適な今、と引き換えに、

未来に後悔する可能性が増えてもいい?

その答えは人それぞれでしょうが、

私は、今快適さを実感する方が大切だと判断したので捨てました。

 

幸い、取捨選択が難しいとされている『思い出品』は

そんなに数がなかったので、そのままにして、

捨てたのは主に服や靴ですね。

思い出品を捨てなくっても、

私の場合は、汚部屋脱出が可能と判断したので、

今後もっと綺麗にしたくなった時、

思い出品をどうするかは考えることにしました。

 

結果、今の所捨てたことで後悔したものは、まだないです。

でも、今回の断捨離ではなく、

数年前に悩んだ挙句、捨てたショートパンツのことをなぜか思い出しました。

すごく好きなデザイン、生地、色味だったのですが、

シミとピリングができてしまったので。。

あのショートパンツが今あったら、

今持ってるこのブラウスと合わせるとすごく可愛かっただろうな。。

そのような感じで思い出しました。

また同じような服があれば買いたいなーと、

後悔と言っても、それくらいかもしれません。

 

そもそも、後悔って、

取り返しのつかないレベルのことって、

人生の中でそうそうないと思いませんか?

大学選びとか、就職活動とか、結婚とか。

人生の岐路と言えることについての後悔があったとしても、

今、自分や家族、友達が、健康で生きていれば、それで充分。

そういう考え方もあります。

ましてや、物を捨てる、捨てないの後悔なんて。。。

それより、今の生活だけを見て、今を大切にしよう。

そう自分を勇気づけて、捨て作業をしたのでした。

 

これから頑張りたいので、

よろしかったら以下クリックお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 買い物依存症へ
にほんブログ村